悪徳シロアリ業者3

目次

悪徳シロアリ業者を見破る方法

まず、当日無料検査をして、そのまま駆除するなどと言ってくる業者は怪しいです。合い見積もりを取りましょう。
写真だけであーだこーだと言う人たちは信じてはいけません。冷静になることが必要です。そして実際シロアリの被害を受けている家はそんなにないようです。シロアリもいろいろあって、材木の中に入っていて移動するため駆逐するのが困難なシロアリもいるそうです。数は少ないそうですが、そういうシロアリもいます。そんなことを教えてくれる業者を選びましょう。

  • シロアリ業者で軽トラックでくる人は怪しい。普通きちんとしたシロアリ業者は沢山電気器具を持ち歩いいるためワゴン車で来る。
  • 床下に安易に人を入れてはいけない。シロアリを飼っていて無料検査時にわざと床下や軒下に放つ悪徳業者もいる。写真だけみせて恐怖心をあおることもある。
  • ネットで集客しているところは、どんな業者かチェック機能がないため気を付けた方がいい。出来れば大手住宅メーカー等と取引しているところがいい。そういうところは収入が安定しているので焦って仕事を取りにこない。
  • きちんと説明してくれるシロアリ業者を選ぶ。
  • 見積もりをきちんと出してくる業者を選ぶ。
  • 床下を匍匐前進するのはかなりの重労働。ひょろひょろした体格のシロアリ駆除業者はあまりいないと思う。

自分でできるシロアリ対策

今回の件で、いろいろ調べました。
幸い、きちんとしたシロアリ業者に会えて、いろいろと教えて貰いました。
彼らは外回りの床下通気口に蟻道がないか、まずチェックしていました。私の場合、家の周りに放置していた古い材木、この中にシロアリがいました。
私は、木が朽ちるのを面白いと思っておいていたのですが、それは単に白蟻の餌を庭に放置することだったわけです。ほんとうにバカなことをしました。

セルロースという木、紙を構成する成分がシロアリの餌なので、材木や段ボールは庭から撤去しましょう。
軒下の通気口の前に物は置かないこと。
シロアリは湿気たところが大好きだそうです。水道管が破損して水漏れしたりして、基礎の下が土であればシロアリが発生する確率が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です