実録!悪徳シロアリ業者の訪問

実録!悪徳シロアリ業者の訪問

古い一軒家に住んでます。塗装の塗り替えをしていましたが、気がつけばシロアリ駆除悪徳業者のターゲットにされていました。シロアリのことなど一度も気にしたことがありませんでしたので、本当にびっくりしました。。シロアリの被害で家の土台が傾くなど知られているだけに、いきなりシロアリが見つかったと言われて驚かない人はいないと思います。春4月~6月がシロアリが外に出てくる季節だそうです。この季節は特に悪徳シロアリ業者に気をつけましょう。
以下は個人的な体験談です。簡単な悪徳シロアリ業者の見分け方も最後に解説します。

参考他サイト:トカナ 悪徳シロアリ業者の実態

目次

  1. 悪徳シロアリ業者1- 悪徳シロアリ業者の訪問(今ココ)
  2. 悪徳シロアリ業者2- 塗装屋の副業、悪徳シロアリ業者
  3. 悪徳シロアリ業者3- 悪徳シロアリ業者の見分け方

悪徳シロアリ営業はひそかにやってきた

時は春、塗装工事中でした。外出先から帰宅したところ、玄関先にひとりで塗装会社の営業担当Oがやって来ました。
職人たちは道路に停めた車の方にいてかなり離れていました。
私はその日外でアリが沢山出てきて大変だったと職人が話すのを耳にしました。そのとき、別の職人が「これシロアリだよ」と言う声も聞いていました。後で分かったのですが、この職人も悪徳シロアリ営業の手下でした。本当に油断も隙もありません。この職人が「シロアリだよ」と言わなければ、こちらも別のシロアリ業者を探すこともなかったと思います。悪い奴です。

さて、玄関に来たO氏は神妙な顔をして言いました。
「こちらでアリが出たと聞いて、その写真を知り合いのシロアリ業者に送ったところ、、、シロアリでした。」
そしてスマホの中のシロアリ一匹頭部の写真を見せました。

「うちの会社からシロアリ業者を紹介するとマージンが掛かり高くなります。会社員としてはだめなんですが、○○さんが直にシロアリ業者と契約すれば安くなります。」と続けました。
そして自分の知り合いで信頼できるシロアリ業者がいるので紹介するといい、その場で”信頼できるシロアリ業者”に電話しました。相手は今直ぐに行くと言ったようでしたが、現場では職人の塗装作業が継続中ですから、他の日に変えさせていました。電話で相手に見積もりを出してくれといっていたので、ほぉ、見積もり出さないシロアリ悪徳業者なのかと思いました。

そのとき、はじめはシロアリ業者だけ来るのかと私は思いましたが、当日は営業O氏も来ると言いだしました。業者だけで結構ですとお断わりしたら、「室内に入るので不用心なので私もご一緒します。」と言ってきました。

ヤマトシロアリ
偶然みつけたヤマトシリアリ 胴体は3mm位で短い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です