古い衣装箪笥のペンキ塗り替え

大きくて動かせない古い衣装箪笥をフレンチカントリー風に塗り替えました。
養生テープさえ、きっちり貼っておけば、簡単に誰でも塗り替えできます。
元の家具の写真が手元にないのですが、大きくて日焼けした古い箪笥でした。

1)養生

養生はこんな感じ。取っ手も養生テープで巻く。床にもシートつきの養生テープを貼ります。
ペンキは塗るよりも養生が大変です。きれいに塗りたければ、きれいに養生することです。

ビニールシートつき養生テープ

2)ペンキを塗る

艶消しの白を選びました。艶消しにすることが鍵です。テカテカピカピカはカントリーっぽくありません。

関西ペイント

注意点は二度塗りしないことでしょうか?!
残念ながら、何度も重ね塗りするとカントリー風に見えないです。私も初めは、白ペンキを二度塗りしていたのですが、厚塗りになってしまって、ごてごてして、かっこよくならないです。下のようなスポンジを使うといいです。もしくは、台所に転がっているスポンジをカッターで自分の好きな面を切り出して使ってみてください。ビニール手袋をつけて塗ればOKです。

ペイント用スポンジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

DIY 照明器具の付け替え