アルミ箔の効果で桃が長持ちする

アルミ箔はすごいのです!知らないと損をしますよ。

目次
1)桃が1月位保存できる
2)ショウガも長持ちする
3)石鹸も崩れにくい
4)室内の植物ガーデニングに!太陽光を反射させよう

1)桃が1月位保存できる

初夏が旬の桃、おいしいですよね。
箱で買うと安いなぁと思っても保存できるか心配になって、やめていませんか?
確かに桃は実が柔らかいですし、なにかに当たると傷む繊細な果物ですよね。
でも、いい保存方法があるんです。

それはアルミ箔で密封するように包み、冷蔵庫の野菜室に入れておくことです。
嘘みたいですが、筆者の経験では3週間~4週間は全く問題ありません。

アルミで包む前の桃
買ってきたときの桃
アルミで包んで3週間後の桃
3週間後の桃

上の右手の写真の通り、約3週間経って切った桃はタネの方は割れましたが、実は何も問題ありません。おいしい!これなら安く買った沢山の桃も気長に食せます。ぜひお試しください。

2)しょうがも少量ならアルミ箔包み

ショウガが大好きで一度に2キロ買ったりします。根ショウガは細かく切って天日干しにすると驚くほど量が少なくなります。2キロもおおよそカップ3~4杯位の体積になります。
天日干しにした方が、体を長く温めてくれる成分であるショウガオールが沢山残ると聞いていたので、天日干しにするのですが、弱火で煮たジンジャーエールの元も捨てがたいのです。これをスパークリングウォーターで薄めたものは、やみつきになります。70~80度C以下で主にショウガには、生のときにでるジンゲロールと加熱してからでるショウガオールという成分があるようです。加熱しないとショウガオールは効かなくなると読み、気長に1時間位加熱するのですが、正直面倒くさい作業ですね。

長期間、大量の根ショウガを保存する方法は、湿った新聞紙でくるみ、ビニール袋に入れて冷蔵庫野菜室で保管するのが一番です。2,3か月はそのまま食べられます。

一方、短期間、少量の根ショウガを保存するのであれば、断然アルミ箔包みですね。アルミでぴったり表面を覆った方が、サランラップより長く持ちます。もちろんアルミで包んだ後はジッパーつきのビニール袋に入れるのがいいです。料理に使うのであれば、おろし器でショウガをおろし、それをラップに薄く平らに伸ばして、ヘラで線を入れてから、ラップで蓋をし、そのまま冷凍します。そうすると、ショウガが凍って板状になりますので、使いたい分だけショウガを折って解凍すればいいので、とても便利で経済的です。

3)石鹸もアルミ箔で長持ち

石鹸は毎日使わないと亀裂が入ってきて、だんだん泡立ちが悪くなります。
これもアルミ箔を裏に貼っておけば、改善されます。ぼろぼろになりにくいです。

石鹸はアルミ箔で長持ち
石鹸はアルミ箔で長持ち

4)室内の植物ガーデニングに!太陽光を反射させよう

最近日本も長雨が降ったりして天気が悪い日も多くなりました。
コロナの影響もあって、室内で植物を育てている方も多いと思います。
さぁ、ここでアルミ箔の登場です!

アルミシートで室内ガーデニング
アルミ箔を敷くとバジルもグンと成長する!

アルミのおかげで太陽光が反射するため、窓辺は明るくなります。
曇りばかりで小さかったバジルも大きくなりました。
そのほか、光る性質が嫌いなアノ害虫もキッチンシンクの下の床に引くといいみたいですよ。

アルミは人間の体に入るとよくありませんが、植物や物に対しては良い影響のほうが多いみたいですね。ごぼうの皮をこするにもいい!またアルミは銅ほどではありませんが抗菌効果もあるようです。うまくつかってみるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ペンキ塗り替えDIY